上の親知らずは下と比較して、麻酔による効用が強くなるため、抜歯のときも激痛を感じるという場合が少なく痛みを嫌う方でも、手術は意外と簡単に遂行できます。

第一段階は歯周病の原因菌が歯の表面に付着し、それが元凶で歯肉が炎症を起こしてしまって赤く腫れてしまったり、ブラッシングするといつも血が出るような異常が見られるのが歯肉炎の病状です。

糖尿病の一面から見立てると、歯周病になったが故、血糖値の調節が難儀で、それが要因となって、糖尿病の病状の深刻化を誘引する可能性もあり得ます。

甘い物等をたくさん食べすぎてしまったり、歯磨きをさぼると、歯周病の元凶である菌が増え、プラークが繁殖し、遂に歯肉炎を発生させてしまうということです。

口臭を抑える働きがあるドリンクに、有名なのがコーヒーですが、大好きだからと言って多く飲み過ぎるとなぜか口内が乾き、皮肉なことに口臭の要因になる存在です。

口腔内の乾き、歯周病以外にも、義歯を使うことが原因で発生する口の臭気など、加齢と口腔内の臭気の結びつきには、すごく膨大な引き金がありそうです。

実は唾液は、口内の掃除役とも言われるくらい重要な役割を担っていますが、その唾液が減ってしまえば、口のなかの臭いがひどくなるのは、不自然ではないと把握されています。

虫歯が原因の知覚過敏は、ムシ歯は結構病状が悪化していると見なされ、うずくような痛さも引き続きますが、そうではない際は、その場だけの容体で沈静化することが予想されます。

私たちの歯の外側のエナメル質の真下の部位より、口腔内酸性の度合いが低くなりペーハー(PH)の値が5.5から5.7より低い値になると、歯を形成するリンやカルシウムが溶解します。

虫歯を予防するには、単に歯磨きのみでは難しく、大事な点はこの虫歯を引き起こす原因菌を取り去ることと、虫歯の病態の進行を押さえるの2つのポイントだと言えるのです。

本来の噛みあわせは、しっかり噛むことで上顎と下顎の歯が摩耗し、個別の顎や顎骨の形にぴったりの、特有の快適な歯の噛みあわせが完成するのです。

審美歯科とは、見かけばかりでなく、噛み合わせや歯並びの修整によって、その賜物として歯が持つ生来の機能美を手に入れるということを追い求める治療の手法です。

口腔内に口内炎が発生する遠因は、ビタミンが足りないのがそのなかの一つなのは確かですが、それに必要なビタミン類は簡単に摂れるサプリメントや、ドラッグストアでも手に入る医薬品の服用薬などとして一般向けに売られています。

今流行のインプラントとは、歯肉内部に歯を支えている顎の骨に、チタンで作られた人工の歯根を埋めて、それを土台として既製の歯を取り付ける技術です。

外科処置を行う口腔外科というところは、ムシ歯や歯槽膿漏あるいは入れ歯等の治療ばかりでなく、他にも口のなかにできてしまう種々雑多な障害に挑む歯科診療科の一つです。