歯にこびり付いてしまう歯石は、プラークとは違い硬いせいで、ハミガキで取ることが厳しくなるだけではなく、気持ちの良い細菌に向いた住処となり、歯周病を起こします。

歯を長々と持続するには、PMTCが大変重要なことであり、この手法が歯の治療後のままはるか先まで保てるかどうかに、多大な影響を与えることも真実です。

節制生活を心掛け、唾液によった復元作業に向かわせるという主眼点を見極め、大切な虫歯予防という点について熟考する事が望まれるのです。

歯の外面にくっついてしまった歯石やちゅらトゥースホワイトニングなどを取り去る処置を、歯科ではクリーニングと言いますが、これらの歯石やちゅらトゥースホワイトニングなどは、不愉快な虫歯の理由とされています。

患者の求める情報の公表と、患者自身の自己選択を大切にすれば、それに比例した仕事が医者に厳正にのしかかってくるのです。

恥ずかしい話ですが日本は歯の病気予防については後進国と呼ばれており、欧米人に比べると、実際は日本人の歯の寿命が短くなる一方です。

そもそも予防全般に取り組もうとする危機感が違うのでしょう。

口の臭いを放置すると、あなたの周囲への負担は当たり前のことですが、自らの精神衛生的にもひどい傷になる確率が高いのです。

一般的にインプラントとは、歯肉内部に歯を固定しているあご骨に、チタンで作られた人工歯根を埋め込んだ後に、それを土台として人造歯を設置する治療方法を言います。

数が少ない口腔外科という所は、ムシ歯や歯槽膿漏更には義歯等の治療ばかりでなく、他にも口腔内に生じるバラエティに富んだ症状に応じた歯科診療科の一つです。

つい最近では歯のホワイトニングを経験する人が確かに増加していますが、そうした際に使う薬剤が一因となって、凍みる感じのする知覚過敏という病変を引き起こす可能性がありえます。

糖尿病という面から鑑みると、歯周病という病のために血糖値の調節が難しくなり、それにより、糖尿病の深刻化を発生させる恐れもあるのです。

通常永久歯というのは、生えてくるのは32本ですが、しばしば、永久歯が生えそろう年齢になっていても、ある特定の永久歯が、不思議なことに出る気配のない場面がある可能性があります。

とある研究においては、顎の関節がおかしいという自覚症状に気づかない人でも、30〜40%の人が口を開けたりする場面で、これに等しい音が聞こえるのを知っていたようです。

インプラントを実施するアドバンテージは、入れ歯では実現できない短所を解決することや、自然に近い歯に持っていくことや、インプラント以外の周辺の歯を守ることなどが挙げることができます。

我々の歯の表層の硬質なエナメル質のすぐ下の位置から、口腔環境の指針である酸度が下がりペーハー(PH)が5.5から5.7より下回ると、歯にとって大切なカルシウムやリンが溶けてしまいます。